読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力まず、恐れず、スピーディーに ベーシック社長ブログ

一番町にある株式会社ベーシックの社長ブログです。

ベーシッククレド完成しました。

作りました!と意気揚々と書いてますが、うっかりしていまして。

人事ブログを読んで「あっ」と慌てつつ。

先日、ベーシック初のクレドが出来上がりましたのでご紹介致します。(画像は人事ブログから拝借w)

 

構成は

理念、ミッション、ビジョン

求める人物像

事業創造指針

行動指針

5カ年目標

5部構成です。

 

今回これらを作るにあたり、最も意識したのは「変わる」を前提とした事です。

実は今までも作成を試みた事はあったのですが、その度に頓挫してしまいました。

その理由が「変えてはならないモノ」と思いすぎていた事です。

まさに、力んで、頭でっかちになってスピードも出ない状況に陥っていました。

それを「変わる」事を前提にする事で、今大事なことに集中出来たと思います。

こちらになります。

f:id:akiaki5150:20140821181412j:plain

f:id:akiaki5150:20140821181430j:plain

こだわった点は「普段使い」出来る平易なモノにすると言う事。

避けたいのは、覚えづらかったり分かりにくいモノとなり使われないものになる事。

仏を作って魂入れず状態では困ります。

ですのでフレーズに拘り覚えやすくしました。

加えて日常で反復して使って行きます。(指導する際に)

例えば、今日の会議の姿勢「力まず」じゃ無いよね?的な。

 

狙いはご理解頂けたと思いますので、少しだけ中身にも触れましょう。

今回は、「求める人物像」にフォーカスして紹介したいと思います。

 

一つ一つ解説させて頂くと 

リーダーシップ(精神)

以前のエントリーにもありますでシンプルに言うと

役職に関わらず問題解決出来る人(ゴミを拾える人)です。

この後の理想につながりますが、自身の理想に素直に従える事であり、その際に上下関係なく問題提起、解決に向けて動く事となります。

 

理想を抱いた(目的)

物事の原動力です。

まずこの場を自ら選択していると言う自覚です。

あなたの理想は何か。そのベクトルは我々のベクトルと合っているのか。

合っていればやる事成す事全て自身の為になると思います。

 

また、大人になると日々現実と言う重たーい課題に向き合う訳ですが、僕らのように事業創造型の会社では、現実に負ける人では困る訳です。

勝ち負けは 理想と現実 の天秤であって、やはりここは理想を重たく持っている人であって欲しいのです。

明確に描けている人は、ブレないですよね。

 

プロである。(能力)

自ら果たすべき役割を理解している。

必要な能力を高めるために、自己研鑽する。目的達成の為には手段を選ばない。

簡単では無いと思います。だからプロフェッショナルと呼べるのだと思います。

そして重要なのは分かりやすさに置いての抜擢です。

その道のプロであり、強みがはっきりしている人は抜擢の機会が多く、それは本人にとっても喜ばしい事です。

野球(全員プロ前提)で例えるなら「足が速い」「打率が高い」「長打力がある」など。

 逆に何に強みを持っているか分かりづらければ、機会を逸してしまう事になりかねない。

ここはやはり誇り高く、どこに行っても潰しの利く人財になってもらいたいですし、なってもらわないと困る訳です。

それは社の理念にも関わる大問題ですから。

皆がアマチュアですなんて企業で問題解決は出来ませんよね?

アマチュアが作る飲食店は基本無い筈です。(イベントとか別で)

ですので、自己研鑽を強く求めます。本人にも社にもメリットありますからね。

ちなみに弊社では能力を高める為の機会や、教育、勉強会に力を入れてに取り組んでいますので、突き放したりはしません。

 

これが求める人物像です。

とはいえ、結局大事な事は「君はどうしたい」です。

どんなに声高に伝えようが、クレドが出来たとしても相手有ってのもの。

いわゆる「水飲み場に連れて行く事は出来ても、水を飲ませる事は出来ない」ですよね。

つまり本人次第。飲みたくなる工夫も努力もしつつ「君はどうしたい」と問いかけて

一緒に成長して行きたいと思います。

 

次回もクレドの内容をご紹介します。

弊社に関心を持って頂ける方々に是非知って頂きたい内容ですから!

素晴らしい人財と出会う事は僕らの最上の喜びであり、自己実現の近道なのです。

 

クレドに共感頂ければ遠慮なく!

中途採用エントリー|株式会社ベーシック(basic)

FB上で僕に直接お問い合わせ頂いてもかまいません。

https://www.facebook.com/akiakimasaru