読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力まず、恐れず、スピーディーに ベーシック社長ブログ

一番町にある株式会社ベーシックの社長ブログです。

まずは”先人に学べ”と言いたい。

オリジナルなアイデアを持っていない人ほどオリジナルに拘るように見える。
これは非常にもったいない考えではないでしょうか。
 
なぜかといえば、学ぶ姿勢があれば、人は大きく成長できるからです。
 
教われる環境があるなかで、それらを放棄して中途半端なことをするくらいなら、
学んだほうが圧倒的に早く成長します。
 
 
世界的に有名なリーダーやクリエイターも口をそろえて言っています。
 
ウォルマートの創業者 サム・ウォルトン 
“他者から学ぶことこそ成功への近道。私がやったことの大半は、他人の模倣である”
 
ピカソは
”凡人は模倣し、天才は盗む”
 
サルバドール・ダリ
”何も真似したくないと思う者は、何も生み出さない”
 
スティーブ・ジョブズ、エジソンなどなど。
 
 
例を出したらキリがない位。
 
かく言う僕も、これまで多くの模倣をしてきました。
その経験から思うことは、模倣することは決して楽することではありません。
少しの努力ではオリジナルに近づくことは出来ず、ましてや超えることなんて到底出来ません。
そして、本気で取り組むとその過程でオリジナルの偉大さに気づけます。
プロが一見簡単そうに見えるようにやっていることは、取り組んでその難易度がわかるのです。
一方で、遠回りせずに最短で進める利点もあります。
 
偉大さが知れて、効率も取れる。
 
なので、僕は「先人に学べ」と言っています。
 
下手な考え休むに似たりで、中途半端なことはせず、まずは真似ることから始めること。
それが成功の近道です。
 
オリジナルにこだわるのはその後でも間に合います。
 

気合いは最後にもっていきたいなあと。

人には癖がありますが、仕事の仕方にもありますよね。
そんな中で見直したいのが、すぐに気合いで頑張るという選択をしてしまうこと。
これは燃え尽きやすいし、自分を追い込んでしまうのでオススメしません。
 
もちろん、気合い大事ですよね。僕もそう思います。
 
でも、ちょっと待ってください。
物事には勝負どころがあるわけです。
その時は理性も知性も、気合いも、パッションも全部突っ込んで勝負したい。
 
 
で、僕が思うのは、
 
「気合いは要らない」
 
ということ。
 
厳密には”気合いは極力使わない方がいい”なのですが。
 
 
うっかり使いやすくてお困りの方は
 
⒈すぐに取り掛からずに、結果を出せるプラン※作りと状況の整理。
⒉行動
⒊落ち着いて結果と理想のギャップの理解。
⒋ギャップを解消する具体的な方法を整理。
⒌行動。
⒍また検証。
 
※感覚としては、旅のしおりを作る感じですかね。
 
これらに加え、
行動の際、大事なことは”やると決めたことをきっちりとやりきること”です。
※ここすごく大事で、行動にムラがあると色々検証が面倒です。
 
すぐに気合い(やる気)スイッチを押すのは得策じゃなので、まずはきっちり決めたことをやって
どこまで行くのか見ることをオススメします。
 
とはいえ
 
大体のビジネスは予定通りにはいかないでしょうから、ギャップをきちんと見極めて、
本当に必要な(と思われる)時にスイッチを押しましょう。
 
それがいわゆる勝負所です。
 
僕は気合いは好きですが、気合いだけの人は好きじゃありません。
 
やることやって、笑顔になれる組織にしたいですね。

リモートワークを推奨しないに触発されまして

こんにちは。
先日アナグラム阿部さんがアップされたブログに触発されまして、
便乗してリモートワークについて語りたいと思います。
 
アナグラムさんの何がいいって社としての考えをブレずに伝えたいという姿勢がいいですね。
まず私の考えとしては、”クリエイティブな仕事にリモートワークはまだ限界がある。”
社の方針としては、同じ場所で働くことを推奨とするです。
※ここでのリモートワークの定義は、場所を決めずに自由に働くスタイルのことです。
 
理由は僕らの仕事の多くがクリエイティブであり、それを実現するには出社型が向いているからです。
 
そしてもう一つ、働き方を考える上で忘れてならないのが
 
それが”社のビジョンを達成すること”につながるのか
あるべきを考え、その上で”達成に向けて効果の高い働き方は何か”です。
 
ビジョンと求める結果をセットで考えた結論なんです。
ですので、会社によって考えは違っていいはずです。
 
弊社では山形、宮崎、ベトナムがリモートオフィス(ワークではなく)です。
 
クラウドソーシングも活用しますし、外部ライターとも一緒に仕事をしています。
これはこれでうまくいってます。
 
その上での”出社型推奨”です。
 

クリエイティブな取り組みにおいてリモートワークは出社型に劣る。

 
「そんなことない。自分たちはそれを実現している」という方も多くいると思います。
ごもっともです。
既にお互いがわかりあえていて、明確なゴールがあればリモートワークは十分機能します。
 
ですが、本当に使いこなせる一部の人(スタイルがあり、スキルがあり、理想がある。)を除き、
多くの人々が実践するには難易度の高いスタイルだと思います。
 
僕が思うに、うまくいくには以下の様な条件が必要です。
 
・成果物が誰が見ても明確であること。
・その行為が誰でも理解(見える化)できること。
・厳密にルールが設定(言語化、定量化)されていること。
・ワークする人が経験豊富であること。(抽象的なものを理解、具現化できる)
・お互いのスタイルを尊重しあえていること。
 
つまり、ゴールが明確であるか、行為が明確であるか、参加者が経験豊であるかです。
これらが最低でも2つはみたされている必要があります。
 
しかし、この条件をみたすことが結構難しいと思うのです。
 
頭にある言語化できないそれらを多少強引にでも定義付け、条件をみたすことは可能ですが
往々にしてコレジャナイの状態です。
 
そもそも人って勝手なイメージを持っているものですよね。
例えば、青と聞いて皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか。
 
・海のような鮮やかな青なのか。
・古風な紺色に近い青なのか。
・いわゆる色鉛筆の青なのか。
・信号の青なのか。
 
誰もが親しんだ青であっても、正に十人十色ではないでしょうか。
 
比較的わかりやすいのであっても、簡単に誤解が生まれる人のイメージの中でそれらがネットやツールの発達のみで埋まるとは思えません。
そして、残念ながらクリエイティブな仕事は大半が明確になっていないことばかりです。
 
クラウド系のお仕事が比較的手離れの良い、シンプルなお仕事に落ち着いているのも合点がいきます。
 

僕らの仕事はクリエイティブなことばかり。

 
クリエイティブな仕事ってなんでしょうか。
 
僕は一つの定義は”ルールを作っている過程があるもの”はクリエイティブな仕事だと思っています。
 
では、利用するものや、場所、人でそれが固定化するのかといえばそうではありません。
 
例えば、レゴを使ってマニュアル通りに何かを作るのはクリエイティブではないでしょう。
一方、レゴを使って、まだ見ぬ何か作ることはクリエイティブです。
 
同じものを使い、同じ人が取り組んだとしても、目的が変わればそれはどちらでもあります。
そして、弊社内にはどちらの仕事も存在しています。
 
ルールが明確になっているもの。そうでないもの。
 
僕が社員に期待するのは、”曖昧なところからルールを作ること”です。
完全にルーチン化されたものは、アルバイトの方々にお願いする方向で進めています。
 
社員にやってもらうこと(もらいたいこと)は、一通りやったことを言語化し、体系化し、見える化することです。
そして次のステップに進んでもらうこと。
これは単に役職者になるとか、管理者になるとかのポジションの話ではなく、自分の取り組みを
形にできる人材になることが、彼らのキャリアを作る上では重要です。
 
話が逸れたので戻りますが、これらクリエイティブな仕事の先にリモートワークが存在することが理想です。
  

近いほうがコミュニケーションはうまくいく。

 
弊社は複数のリモートオフィスを持っています。(前述の山形、宮崎、ベトナム)
そこの彼らは定期的に本社に来たり、時には僕らが行ったりしてコミュニケーションしています。
彼らが来る意味は何かと考えれば、関係を深めるためであり、成果物の完成度を高めるためです。
 
 
色々食い違いがあったけど、会ってみたらなんてことなかったという経験は多くの人がしているはずです。
目の前にいることで伝わる空気感、テキストでは伝えきれないコンテキストが埋まる。
場所を共有することは百聞は一見にしかずで、多くのことを伝えています。
 
Face to Faceのコミュニケーションはお互い関係を深め、成果物の完成度を上げる効果があると思います。
 
 

こだわりたいもう一つの理由

ここに難しい理由はなく、一緒に喜びたい。
なるべく近く、なるべく多くの仲間と共感したい。それだけです。
 
どうしても距離があると、物理的な物以外の距離も離れてしまうと思うのです。
チームワーク、コミュニケーションに重点を置き、互いにモチベーションを高めあえれば最高です。
 
もちろんここはリモートワークでも得られますが。
温度感の差ですね。
 
 

f:id:akiaki5150:20160621152459j:plain

結局

現段階において、弊社のメインの仕事がリモートワークにはなりそうもありません。
理由はこれまで述べてきたとおりで、ビジョンの達成、キャリア、モチベーション、思いを考えての結論です。
 
多くの企業がリモートワークに移行しているニュースを見かける機会も増えました。
それが競争力にも影響しそうですが、弊社は弊社なりの考えが有ってそれを推奨しません。(社員が期待してたらゴメンなさい。)
まだ今は出社型のスタイルで、温度感を共有し、共感力が高まる環境がベストです。
 
自分たちに適した選択をして結果と笑顔を手に入れられるならそれが最高です。
 
ということで、現段階の弊社の考えをお伝えしました。
 
最後に、
阿部さん
整理する機会を頂き、ありがとうございます!
 

GAMEFEAT事業の譲渡とその経緯。そして彼らはすごかった。

GAMEFEAT事業を譲渡しました

ゲームチェンジと意思決定

去る2月1日付で3年間運営していたGAMEFEAT事業を
レントラックスさんへ事業譲渡いたしました。以下はリリース内容です。

今回はGAMEFEAT(以下GF)の譲渡にあたり、
どのような意思決定を行ったのかを綴ってみたいと思います。
少し長いです(汗

まず簡単にGFの事業内容をお伝えすると、
Game to Game のアドネットワークで、カジュアルゲームが中心です。
強みはゲームに特化している点とウォール型アドを中心に
1SDKで効率的にマネタイズできる点にあります。

一定の成長の後サービスを変化させていき、現状はWeb版中心のサービスに変わりました。
GAMEFEAT web - 高単価ゲームアプリアフィリエイト

生まれた背景

GFが生まれた背景をお伝えしますと、
もともとはアプリ領域をコア事業とすべく投資していた新規事業の一つでした。

2012年当時はどの事業者においてもアプリ領域ではまだ手探りの状態でして、
当然弊社もそうであり数多くのアプリやサービスを立ち上げて行きました。

  • ロケプラ
  • マッチに火をつけろ
  • AppLIFE
  • Growing App
  • 返信ください
  • どうぞどうぞ
  • ステルス彼女
  • 恋愛男女ん

などなど。

特にカジュアルアプリ群(後にアプたまシリーズと総称)は、
App Storeにおいて何度か総合1位を記録し、
GFと並んでアプリ事業の中核サービスとして形を成していきます。

その後、チームは子会社フルセイルとして法人化しました。

成長は突然やってくる。
そしてGFは破竹の勢いで成長していきます。

f:id:basicbloggers:20160203183745p:plain

それはある日突然やってきました

他を寄せ付けず、最短期間で1億円の売り上げを記録。
ゲーム領域のマーケットの拡大に歩調を合わせるように、
その勢いはとどまるところを知りませんでした。

誰の目からも月商の大台を越えるのは時間の問題のように思えました。

突如として起こるゲームチェンジ
どの領域においても起こりえるルール変更。
我々のアプリ事業にもそれはある日突然やってきました。

GFにおいてのそれは、AppleからのGFSDKが搭載されたアプリへのリジェクトでした。

Apple規約について
2.25「App Storeと同じもしくは紛らわしい方法で自社製品以外のアプリの販売を促進する表示をするアプリは却下される」

この点については、当時の規約からすでに明示されていることなので、
実際にはゲームチェンジではなく、規則を厳密に問われた格好ではあります。

ただ、多くのアプリ内では様々な手法を用いてアプリの紹介がなされており、
事実上黙認されていました。
それが、ある時期から厳密に運用されるようになり、その影響をモロに受けた格好です。

参考記事

これにより1SDKでマネタイズできる強みを失うことになりました。
飛ぶ鳥を落とす勢いだった成長に急ブレーキがかかります。

素晴らしい結果と、考えるきっかけ

ピンチはチャンスに変わるのか。
ことの顛末を先にお伝えすると、このあとGFは過去最高の記録を生み出します。
変化を受け入れ、その中でできることは何かを、チームメンバーが一丸となって取り組んでいき、
最終的には素晴らしい結果を生み出していきます。

そして、これら取り組みは、僕にとって組織のあり方を
より深く考えるきっかけになっていったのです。

この期間に思ったこと。
外部環境の変化は常に起こるものであり、
それらに対応していく組織を作ることはどの企業においても当然。

一方組織の在り方、戦略は当然その会社ごとに違います。
事業がスタートした当時からある一点まで、
我々の成長戦略の中にアプリ領域はありました。

ただ、時を経てそれらは変わり、いわゆるノンコア領域とすることを正式に決めました。
事実上のアプリ領域からの撤退です。

それに伴い子会社フルセイルをベーシックに吸収することも決定します。

理由としては、

  1. すでに多くのプレイヤーが存在する中において我々でなければならない理由がなくなった。
  2. 強みを有する領域に制限がかかり、強みに立脚できる状態でなくなった。
  3. 再度成長の機会を得るには多くの投資が必要。
  4. 上記を踏まえ、社として取り組むべきことを明確にした。

これらが判断した理由です。

この時はまだGFを他社へ譲渡する決断は下していませんでした。
ただ、気になっていたことはあります。

それは、アプリ領域をノンコアとしつつも、GFの事業存続をしていくことは、
見方を変えれば、全社収益の貢献であり、とても尊い行為です。
しかもメンバー一人一人はサービスをより良くするために日々議論し改善しつづけていくのです。

ただ、それが本当に誰にとって何がどうよいのか僕の中ではわからなくなっていました。

繰り返される自問自答、そして決断

経営者として第一に考えるのは社の収益ですが、
それ以上に重要なことはメンバー一人一人のキャリアです。
ノンコアと位置付けた領域の中で、誰一人としてかけてはならない状態(属人化した状態)が
果たしてよいのか。

また、社として向かうべき(向かいたい)方向がある中で、
それをここで続けることが本当に必要なのかと何度も自問し続けました。

メンバー誰を取っても、誇りを持って取り組んでいることは明白です。
別にコア、ノンコアなんて気にもしてないと思います。
むしろ大事なのは、ユーザーであり、クライアントであり、パートナーメディアであると。
そう思って取り組んで来たと思います。

もちろん僕自身もそう思っています。
だからこそ決断の必要性を感じました。

このサービスを我々の手に残してはならない。
むしろ一層の成長が望める環境を用意すること。
そして我々はやるべきことに徹底して向き合うべき。
そう思うようになりました。

そして決断しました。

これを書いている今でも思いますが、
もし我々にもっとリソースがあれば、決断は違っていたと思います。

今回の一連の行為を「選択と集中の結果」と言えばカッコがいいですが、
実際にはそうではないのです。

事業推進をする上で分散と収斂は繰り返し行われるものですが、
これは単純にシンプルにすることではなく、
狭めつつも徐々に領域を広げていくものだと思うからです。

つまり、このアプリ領域においては、ベーシックは拡大に失敗し、
収斂の際に一つの機会を失ったと思います。

ただ、後悔しているのかと言えば、それも違います。
先ほどの例は仮の話であり、上述したような理由が諸々あれば、
何度考えても同じ結論だからです。

強みに立脚すべき
事業を行う上で、存在意義は常に問うべきと思います。

そのもの自体が存在することがその領域の役に立てるか。
それは成長できる状態にあるのか。させるつもりがあるのか。
社の持つ強みと重なりがあるか。なくても手に入れるつもりか。
その未来を信じているのか。

青臭いことを言うようですが、これらの問いに答えられないのであれば、
その事業はやるべきではないと思います。
もしくは、それができる先に委ねるべきではないでしょうか。

どのような事業であれ仕事であれ、求める人がいるのであれば、それは尊いものでしょう。
でも、あなたが経営者であるなら、その取り組んでいるものが何なのかは自問すべきであり、
「続けてきたこと」が続ける動機になっているのであれば、
見直す勇気も必要では無いでしょうか?

会社に、その事業に携わる人々にとって有益な状態を目指すのなら、
事業は強みに立脚しているべきだし、それを目指す最大限の努力はすべきでしょう。

そして僕らはGFの持つポテンシャルを最大限生かしていただける先に
レントラックスさんを選びました。

GFの特徴(ネットワークの価値、クライアントの数)と
レントラックスさんの組織(人、経験)が合わさり、
事業が強みに立脚した状態になると判断しました。

この譲渡においてレントラックス様には迅速かつ丁寧にご対応頂きました。
ありがとうございます!

事業の存在意義を僕らなりに考え、最終的に行き着いた結論です。
僕らが保有し続けるよりも高く成長すると期待して。

GAMEFEATが残した結果

すごい結果を残した。
決断をしたその後が本当凄かった。
このグラフを見れば明らかですが、彼らは大いなる結果を残しました。
もともと強みであったSDKを封印されはしましたが、チームは変化に対応し
アプリからWebへ主戦場を変えて最終月の1月に過去最高の収益を出しました。

f:id:basicbloggers:20160203183841p:plain

やっぱり、すごい奴らだった。
この事業にこれまで携わったメンバーは28人。その中で中心的なメンバーは7名。
一人一人の紹介はできませんが、この偉業とここまで諦めずにやり続けてくれたことに、
感謝の気持ちで一杯です。

この激動の3年間を歯を食いしばり、本当良くやってくれました。
最後に有終の美を飾るところも、素敵すぎます。

特に事業責任者の川鍋はやばかった。
GF事業責任者の彼とはこの譲渡にあたり、多くの議論をし、
そして会社の行く末について何度も話し合いました。

また、社としても重要な要職についており、
事業責任者の立場を離れて判断が求められるなかで難しい局面もあったと思います。

そんな中、大事なことは社の成長であり、事業の継続であるとの決断をし、
譲渡にあたって滞りなく推進してくれていることに
改めて「ありがとう」を言いたい。(現在進行形です)

それぞれの道へ

今回の決断にあたり、一緒に頑張るメンバー、結果、袂を分かつメンバーもいます。
残念ですが、ただそれも仕方ないと思っています。
それは、ここまでの取り組みにおいて参加した誰もが想定を超える経験をし、
それを成長の糧にしてきたと思うし、一人一人の血肉になっていると考えるからです。
寂しいですが、仕方ないですね。。

事業の立ち上げから終了までを見届けることはなかなか出来ることでは無いと思います。
参加した彼らにはその機会を通じた思い出も、経験も残ります。
このような経験を通じて知り合った仲間とは一生付き合えることでしょう。
その機会が提供できたことを嬉しく思います。

そして僕らは成長していく

これまでも同様の選択を迫られることはあり、その都度しゃがむこともありました。
でも、いつでも成長し続けてきました。
ここまで書いておいてなんですが、決断のもう一方では一層の成長をすることが目的です。
ですので、立ち止まる理由はありません。もっと言えば、成長の芽は驚くほどに伸びています。
例外を設けず徹底的にやりきり、どの事業においてもマジでやっていきます。

ポートフォリオ経営を志向している弊社としては、
一つの事業の影響で全体が機能不全を起こすことはありません。(一時の影響は当然ありますが)

ただ今回の一件からもわかるように、
今後は事業の共通項(重なり)は意識して組織していきます。

分散と収斂を繰り返しながら、徐々に領域を広げ、
最終的には多くの問題解決をする事業者を目指します。

今回はこのような結末ですが、この先も何が起こるかはわかりません。
そして、その時には多くの矛盾や悩みをはらむことでしょう。
いつか来た道と思ったその時にはこのブログを読み返そうと思います。
避けては通れない道ならば、多少は進化した判断をしたいので。

最後に

恐らくこのメンバー全員が、同じ時に同じ目標に向けて仕事をすることはないでしょう。
だからこそその一瞬に全力を掛けたことを誇りに思ってもらえたら何よりです。
僕も皆と一緒に働けたことを心から誇りに思います。
改めてGFチームの皆んな本当にお疲れ様でした!そして、ありがとう!!!

f:id:basicbloggers:20160203184139j:plain

成長領域で強みを発揮し、思考する力を最大限生かした組織を作る

f:id:basicbloggers:20160127102240j:plain

スローガンは「より大きく、より人らしく。」

先週末、恒例の社員総会を行いました

毎回都内のホテルで、社員全員が正装して挑む貴重な!?そして、大事な会です。
今回は椿山荘にて行いました。2回目です。
そして今回は今期のスローガンについて書きたいと思います。

スローガンはこちら
「より大きく、より人らしく。」

より大きく
事業領域を3つ絞りこれまで以上に徹底投資。

より人らしく
人のもつ最大の力は”思考する力”
知識や経験を共有して属人化させず、取り組みが継承される組織へ。

より大きく

強みを発揮できる成長領域でしっかりと成長していく。

分散から集中へ向けて、ポートフォリオを組みつつ、強みとリソースが共通化できる体制を作りました。
事業領域をシンプルにすることはかねてからの課題でした。

その結果、今回は弊社の全サービスをメディア、EC、マーケティング領域と分類しました。
強みであるWebマーケティングを土台として、それぞれの事業がその上に乗っているイメージです。

実際にはここまで単純ではないですが、事業シナジーと共通化の理解の枠組みはこうです。
投資対効果の最大化は係数の大きさですので、重なる領域を広げ、取り組みがロスしないようにやっていきます。

f:id:basicbloggers:20160127104700p:plain


ポートフォリオ経営
事業の種別とビジネスのタイプ、成長の時間軸を掛け合わせてポートフォリオを組んでいます。
企業として継続的な成長は重要ですので、この辺りも意識。

f:id:basicbloggers:20160127104709p:plain
ポートフォリオ経営についても、別の機会で触れようと思いますので、
ここではそういう経営なんだと認識して頂ければと思います。

ということで、十分ポテンシャルのある領域でしっかりと強みを発揮して投資していきます。

より人らしく

人財の最大の尊重を考える上で、最良なのは自由だと思っています。
この自由というのは”そのポジションに固定されない”の意味です。

僕らのようなベンチャーは得てして、特定の人に依存(その人しかできない)する組織になってしまいます。
結果これらは本人のキャリア選択の余地を狭め、後進育成においても大問題です。

例えるなら、高校野球のチームでしょうか。エースたった一人が決勝までずっと連投し続ける、そんな感じです。
(控えの投手がいないと、エースが登板できなくなった途端、終わってしまいますよね)
やはりチームとして狙うのは層の厚いことでしょうし、エースの尊重は長く(長い期間)良い状態でプレイし続けられることです。

なので今期からその点を大きく変えて、部署間で共通化されている行為は横断組織に。
一定の経験を通じたものは、言語化、マニュアル化し知識の共有を推進していくことにしました。

背景には、部署を超えた共通職種での共有の場であったり、ナレッジベースでの施策の成功など
いくつかの事例があり、今期大きく踏み込んでいく決断をしました。

属人化を排除することは、結果その人の尊重であり、後進の育成につながる。
また、知識の共有は一体感が醸成され、チーム力の向上につながります。

目的は人が人らしくあるために、誰もが持っている思考する力を最大限生かした体制を作ること。
それが組織の力になるはずです。

新卒(新人)育成を考える上で改めて大事なこと。

今年、より意識的に取り組んでいることがあります。
 
それが、反復徹底。
 
個人的にも、社の取り組みとしても力を入れて取り込んでいます。
中でも、新卒メンバーの成長が著しい。それが今回のエントリーの切っ掛け。
 
書いていることはすごく普通のことですけどね。
 

やっぱりの禁止。

誰もが経験のある、決めたことを変更すること。
”やっぱり”で表現されることの多い、この方針転換は著しく成長を阻害していきます。
 
よく言えば臨機応変ですが、悪く言えば徹底が出来ないとも言える。
思い出していただきたいのが、子供の頃にやった自分ルールのゲーム。
 
あの電柱まで息を止める。(でも2本を越えたらOK)
白線以外踏んではダメ。(でもこの場所は歩いてよし)
 
コロコロとルールを変えていたのではないでしょうか?
子供の頃の遊びなら他愛もないし、楽しくて良いのですが、こと仕事となると話は別。
 
なぜかといえばかけた時間分の見返りが得られないから。
 
一定の取り組みの結果を見て変えることはすべきですが、
「まずやる」と決めた最初の条件を中途半端な状態で変えるのは賛成出来ません。
 
優秀な人材だったとしても、一定の経験を積まなければ出来るものも出来ないし、
個人で勝手に判断し、ともすると都合の良いルールで変更することは、
改めて成長のスピードを遅らせてしまう。
 
だからこそ、しっかりと彼らを見て行こうと思うのです。
 

因果関係を悪い方向で使わない。

昨晩遅くまで飲んでいたから、今朝はトレーニングしない。
今週は忙しかったから、今日は本を読むのをやめよう。
 
一つ一つはおかしくなく、このようなケースってよくありますよね?。
しかし、少し考えてみていただきたいのは逆のケースも結構あるということ。
 
昨日遅くまで仕事してたけど、今日は楽しみにしていたBBQ!
今週は忙しかったけど、帰ったらあの漫画を読もう。
 
前者と後者の違いは、行為が自分にとって楽しみなものかそうでないのか。(必ずしも言えないが)
 
行動している自分という人間は変わらないのはずなのに、不思議と180度違う選択をしてしまう。
 
これは因果関係を悪い方向に使っていると思います。
一見正当な理由に聞こえるのですが、考えたいのはその都合のよい選択の先に何があるのか。
 
どんなものでも、最初が一番苦しいもの。
慣れてきたり、経験を積んでいくと面白くなったという経験は誰にもあると思う。
 
これらもやりきることで得られることだったりします。
なので、因果関係はうまく使うべき。
 
都合のよい部分で正当化するより、そもそも誰にも邪魔されないのであれば、因果なんてないに等しい。
自分がやるのかやらないのかシンプルに考えれば良いと思う。
 
その点をしっかりと伝えて行きたい。
 
 

少しずつ負荷をかけて行く。

どのようなことであれ、今の自分でできることを続けていては、解決はできません。
 
ドラクエで、スライムやドラキーを倒し続けているようなものです。(時間掛ければ経験値は溜まりますが)
格下の選手を相手にスポーツしていることもそうかも知れません。
 
とは言え、楽はしたいのが人間です。
だからこそ、僕らには負荷をかける義務があり、その結果成長させるという責任があると思うのです。
 
やるべきことを決め、徹底させることはその人自身の尊厳とは関係ありません。
 
また、ルールを守り、約束事を守ることは個性を失わせることではありません。
 
できることを一つ一つ増やすことは足し算ではなく掛け算であり、数倍にできることは増えていきます。
成功体験は本人にしかわからない絶対的な自己肯定を生み出します。
できることを増やして、自己肯定している状態を想像してください。
 
成功体験の蓄積をした人は、未知の何かにぶつかった時に逃げずに解決しようとします。
一方で、”やっぱり”を繰り返した人は、逃げることが多いように思います。
心の中で自分という人間をどう評価するかは事実ベースでわかっているはずです。
ギリギリ切羽詰まった時に発揮される力。
自分でも気づかないうちに蓄えられた多くの力は、小さな成功体験が裏で支えているはずです。
 だとするなら、大事な新卒達を甘やかすわけにはいきません。
 

最後に

大きなことを成すためにも些細なことを反復徹底できることを重視したい。
コトを為すことを前提に集まっているのだから、そこはしっかりやりきりたい。
フィジカルもメンタルも最後は基礎の部分がものを言うと思うから。
 
型にはめた人材を作るつもりなどありません。
でも、基礎がなければ何もできないのも事実であるなら、一人一人の自己実現を応援したい。
 
それが、新卒(新人)育成をする責任だと思います。

CIを刷新しました!

ご無沙汰しております。秋山です。
 
この度弊社CIを変更させていただきましたので、ご報告させていただきます。
 
ちなみにこんなロゴです。
 
f:id:akiaki5150:20150908190908p:plain
 
どうでしょうか、この無駄を削ぎ落とした感じ。
 
ベーシックという社名にこのシンプルさ、もう何も残らないんじゃないかというくらいの潔さです。
フォントのベースも最もポピュラーなヘルベチカとしていて、奇をてらわずいたってオーソドックスにそしてシンプルに仕上げました。そしてカラーも原色に近い藍色です。
小手先ではなく、本質を捉えたサービスを提供する姿勢を込めています。
 
長く使えそうなロゴじゃないですか?
すごく好きです。大好きです!
 
続いてこちらがロゴとともに作成されたコピー。
 
f:id:akiaki5150:20150908190852p:plain

 

これは、僕らが問題解決する集団であることを象徴した言葉です。
かっこよくないですか?
 
我々ベーシックの事業は必ず誰かの問題を解決するサービスです。
比較サイトでも、ECサイトでもメディアであってもです。
他社を真似するのではなく、見つけた問題をどのようにしたら解決できるか。
その問題を発見する視点。それが、「核心を、突け。」に込められています。
 
この言葉、雰囲気から今までとは違うシャープさを感じていただけたら嬉しいです。
 
どちらかというとアットホームな雰囲気があった当社ですが、
今回は一層の洗練された組織にしていきたく、見た感じからも伝わるそんなCIとしました。
 
このような形でいたってシンプル、とにかくシンプルにしました。
 
混沌とした問題に対して、シンプルな解が出せる組織になれたらカッコイイなと思います。
 
事業の数だけ問題があり、問題の数だけ事業が生まれる。
 
これまで以上に、ドカーン!と解決していきますので。
 
改めて問題解決する集団としてベーシックをよろしくお願いします。
 
文章もシンプルなのがいいですね!

シンプルにすることを考えてみた。

今回はシンプルにすることがテーマです。
だいぶ抽象論な内容になってしまっていますので、さっと読んでもらえればと思います。
今回は自分自身の整理のためにも書いてみました。
 
背景は弊社内で起こっている事業の成長状況を整理すると、一つの結論にぶち当たったこと。
それは、シンプルかどうか。
シンプルであればあるだけ、効率が良いので結果が出やすい。
当然なんだけども、シンプルにするってだいぶ難しい。いや、もっとも難しいと思う。
 
ということで、整理してみました。
 
では、シンプルにするためには何が必要なのか。
自分なりにまとめると。
 
  1. 全体を見渡し、構造化すること。
  2. 道筋を作ること。
  3. 捨てること。
  4. つまりなにか。で言えること。
 
シンプルにできない時の共通点は
話が長く、冗長的。
思考が散漫としていて、まとまりがない。
つまり、構造化できていない。
なのでおそらく自分でもわからない。
あと、無駄が多い。手続きが多い。
可能性を捨てきれていない。
 
逆にシンプルな時って
話は短く、的確。
選択肢が少ないので取り組みに迷いがない。
なので、効果も出やすい。
自分たちが何をするのかがわかっている。
 
これって考えてみると旅行の計画にも似てる。
あらかじめの旅程があれば、必要なものは減らして(捨てて)持っていける。
そして旅慣れている人の荷物が少ない。
 
人によっては、未経験でも荷物が少ない人もいるでしょうが、
その場合大事な何かが足りないなんてこともあるように思う。
なので、経験は必要になってくる。
必ず経験がなくてはならないの意味ではないですが。(やれば身につくものなので)
 
シンプルにするって、量だけはなく、質も合わさってなければならない。
なので、最初っからシンプルにすることは同じような経験がなくてはできない。
 

シンプルできないのはつまり、思考が足りていない。

自分ができている時とできていない時を振り返り考えるに、結局シンプルにするって時間がかかる。
つまりその対象について思考し続けた量。
 
よく言われるなぜを3回繰り返せの類に非常に近い。
 
加えて構造的に考える。
構造的に捉えられなければ、堂々巡りしてしまいます。
 
なのでその対象となるもの自体を思考し続け、そこから構造を描いて、その構造をスライスしていく。
そして、中にある一つ一つの対象になぜを繰り返していく。
大事なことはしっかりと考えられる大きさにすること。
あまり大きなくくりにしては、思考はついてこないし結果シンプルではない。
 

f:id:akiaki5150:20150630160722p:plain

 
そして構造化して行くと共通項があることに気づく。
もしくは、これまで経験してきたことと近しいものが潜んでいることも。
その場合過去の経験は大分活きてくる。
 
例えると、営業職はこれに該当するかなと。
僕の中で営業職の定義は「お客様の問題解決をお手伝いする」こと。
そのための手段(モノやサービス)を提供するのはどの業界に入っても同様だと思う。
なので、新しい分野で営業する場合に先ほどのまとめを当てはめると。
 
  1. お客様の解決すべき問題を明確にすること。
  2. 必要な目標を設定し、達成に向けた指標(数と質)を決めること。
  3. その指標に関係ないと思われることを捨てること。
※この点もっと詳しく書きたいのですが、話がそれそうなので、ひとまずこの程度で。
 
 
書いておいてなんですが、これは営業以外にも当てはまりますね。
このレベルの抽象度だとそうなっちゃうかな。
 
これらを何度もなんども繰り返していくことがシンプルさに磨きをかけていく。
もちろん行動とともに。脳内シミュレーションばかりでは前に進まない。
行動の結果をインプットしてそこになぜを繰り返してアウトプットすることもセットです。
 
なので、シンプルにできないのは、その対象に対して思考が圧倒的に足りていないはずです。
加えて構造化して自分で対処できるものに落とせていない。
なので、つまりと言えない。
結果、周囲からもわかりづらい状況のはず。
 

シンプルさを確認するのには

おすすめの方法、それは
 
人に話すことです。
 
単純!
 
頭でわかっていても人に伝えた時にどんな言葉になるのか。
いくら紙にシンプルに書いてあったとしても”つまりなにだ”といえない。
結局シンプルじゃないときは二言三言付け加わります。
整理がついてないと同時に、自信の表れでもあると思います。
 
自信のない時って、妙に説明がましくなりません?
なので、英語のように結論ファーストでバシッと言えるときはシンプルな時。
そして、時には誤解すら招くくらいストレートだと完璧。
それが”つまり”です。
 
え!どういうこと?
なにそれ!くらいに。
 
思考が深まっていれば、その補足説明は難なくできるし。
シンプルの裏には思考の深さが潜んでいる。
思考に費やした時間が裏付け。
そんな感じです。
 

つまるところまだ整理できそう。

 まだ、考えがまとまりきって無いのと、それこそもっとシンプルにできそう。
引き続き思考し続けていきます。
なにせ、その量がシンプルさを決めるわけですからね。
 
 
 終わりに
例えに出た旅行でも、営業でも結構なのですが、月並みだけどアウトプットすると、思ったよりも早く整理がつくんですよね。
面倒なんだけれども。結局は早くケリがつく。
頭だけで考えるには限界ありますよね。
 
あと、偉そうに書きましたが、なんだかんだで僕はややこしくしがちなので、まとめておいてよかったなあ。ちょこちょこ見直そう。
 
あと、これを書いていて元LINEの森川さんが本を出していたなと思い出しました。
まだ読んでなかったので、早速読んでみたいと思います。。
 
ここまで読み進めて頂き、ありがとうございました。
 

モバイルフレンドリーから考える、変化に対応するということ。

最近社内で話題の記事がありまして、社員とやりとりする機会があり、
変化に対応することについて考えてみました。
きっかけはGoogleが発表したモバイルフレンドリー。
オフィシャルの情報もそうですが、モバイルフレンドリーを理解する上でとてもわかりやすい良い記事だと思います。
 
 
ちなみにGoogleが4月21日にモバイルフレンドリーの要素を検索結果に反映させるっってご存知ですか?
  
 
この記事の中で語られていることは、今起こっている変化の一部。
氷山の一角となりますが、わかりやすい事象でもあります。
当たり前でしょと思いそうですが、これ結構いますよ。対応していない方々。
 
詳しくは記事にありますが、突然起こる変化にいかに対応していくか、
ブログの主さんは気づいてから迅速な対応を行ったことで、事なきを得ていますが、例えばこの件でどれくらいの方々が実際に対応できるのかと考えてしまいました。
(ご本人は遅かったとおっしゃていますが、間に合ってよかったです)
 
人って今までやってきたことにどうしても固執してしまう。
そして、可能ならばやり過ごしたい、先送りしたいというのが本音ではないでしょうか。
基本過去に縛られた生き物だと思うので仕方ないにしても、それにしてもこの変化が著しい中においてそれはとんでもないジレンマだったりします。
 

僕ら業界にいる者でさえ、反応が遅れることしばしば。  

PC世代からすると、SPで全てが済むとか。
サーチ世代からすると、そもそも検索しないとか。
コンソールからソーシャルゲームになったりとか。
ブラウザゲームからネイティブにとか。
アドテク、3Dプリンタ、IoTと正直全ては理解不能。
Googleがソーシャル対応を見誤ったり、FBがモバイル対応に出遅れたり。
枚挙にいとまはないわけです。
また、とにかくなんでも手を出せば良いわけではないわけで、先行して行っても必ずしもそれらがメインストリームになるわけでは無いのがややこしい。
 
そして、運営する会社組織とはある行為を最適化するために存在するわけであり、つまり変化にはめっぽう弱いんですよね。
一方で変化に柔軟な状態な形態となると、実現力が著しく落ちてしまう。
中途半端な状態といえます。
 
このスピード感で両輪を揃えるのは並大抵ではない。
特に内のようにまだ所帯が小さければ尚更です。
あ、話がそれてしまったので、組織については別の機会にします。
 

すぐに捨てれるくらいが丁度いい。

書けば簡単なことですが、実際には簡単なことではないんですよね。
今まで親しんだ文化や行為を捨てることって。ただ、経験の蓄積は大事です。
なんだかんだで、このエントリーもPCで書いてますし。
ただ、思うことはもはやPCは業務用であり、パーソナルなのはスマホだなということ。
 
必要ないですもんね、個人の利用にPCって。
昔のようにカスタマイズしなくないですか?
 
この待ったなしの状況に、昔がなんだ、キーボード使えてなんぼだなんて話はナンセンス。
そもそも使うかもわからないですし。この先。
 
なので、執着、固執は不必要。
立ち止まるくらいなら前のめりくらいが丁度良いんだと思います。
拒む前に触れる、見てみる、参加してみる。
その上で考えて、思い切って捨てる。
心構えとして、それくらいが丁度いいと思います。
 

でも疲れる。こともある。

変化が多い分、刺激もありますが、同じくらい疲れることもあると思います。
まあ、それが普通なんじゃないでしょうか、人としては。
でもそれを凌駕するだけの発見や出会い、喜びがあります。
この業界には。
だからやり続けてしまうんですよね。
 
誰得なのこのスピード!という時代において、楽にやっていくこと。
それは、気楽に捨てられることではないでしょうか。
それが良い結果を産んだりするので、
やはり、力まず、恐れず、スピーディーが大事だとそんな風に思っております。
 
 

何を学んだのかとはっきり言えるくらいやらせたい。

こんにちは。

週末5年半働いてくれたメンバーが卒業しました。

 

立派なマーケターとなっての卒業です。 

当初はお世辞にもできる方ではなかったと思いますが、変わるものだなと思う訳です。

相当厳しく教え込んだので、よくぞ頑張ったなと。彼女の努力の賜物ですね。

  

振り返りの話をしている際に、彼女が

「社内で教わったことの破壊力が半端ない」というのです。

今では当たり前と思えるようなことも、外部に伝えてみて高い評価を受けた事に本人も非常に驚いたとのこと。

 

そんな話を聞くと、気持ちは複雑ですがよく学んでくれたなと思う訳です。

そもそもこんな話を外部にするのがどうかもとも思いますが、

退職の理由も改めて聞いて、納得の結果でした。

 

常日頃伝えていた事は常にユーザーに寄り添う事。

それを頑張って頑張っているうちに、本当の意味でその対象になり得ない自分に気付いたということでした。

むしろ、学んだマーケティング力を活かして、

「自らがペルソナになり得る、素直に寄り添える領域に進みたいと思った」というのが理由。

それは先ほどの面接の話にリンクします。

 

最終日ギリギリまで仕事をして、成果物を見た時に正直心が震えました。

お世辞抜きに素晴らしい内容だったからです。

ミーティング時でのやり取りでもそれは随所に出ていました。

以前はチグハグだった話や、感覚での発言が多かった彼女が、理路整然として話が分かりやすい。先々を考慮した内容で、必要と思われる情報の整理等。

 

そして今タイミングを見計らったように、

共に立ち上げた事業は大きく花開こうとしています。

何をしても反応の無かった頃が今では嘘のような状況。

嬉しい限りです。(もちろんチームの成果ですが)

 

余りに多くの事を学びましたという言葉は有り難いと思うとともに、

今後何をすべきかを示唆してくれました。

 

大事な事は「何を学び得たか」と言えるかどうか。

その為に必要なことは、やりきる事とだと思う。

当たり前の事だがそうだと思う。

 

このブログは退職する彼女に対してのエールと共に、

残されたメンバーに対しての決意表明でもあります。

 

同じ時間をともにする以上、

『これを学びこれができる」と言えるくらいの経験をさせたい。

その上で、可能な限り長く一緒に時間を過ごしたい。

 

5年半おつかれさまでした。

そしてこれからもよろしく。